【今秋日本初上陸 新ブランドのご紹介】
VAJA Finland
(ワヤ フィンランド)

2019/10/16

フィンランドの有名ブランドで培った経験をもとに、フィンランド製にこだわり、フィンランド・デザインのDNAを伝えるために立ち上げた磁器ブランド、VAJA Finland(ワヤ フィンランド)が今秋、日本初上陸します。

 

~高い品質で実用的な製品への情熱から生まれたVAJA Finland~

創設者のひとり、フレッドは1990年代にスウェーデンのロールストランド製陶所にあった窯業学校で陶磁器のモデリングについて学んだ後、1999年からフィンランドの有名ブランド、アラビアに勤務。約10年間、おもにモデリングとプロダクト・デベロップメントを担当していました。

そしてパートナーであるもう一人の創設者、ヘンナはデザイン学校でファッション・デザイン、プロダクト・デザインを学び、2004年からアラビアに勤務しました。

ふたりはアラビアで働いていた頃、磁器の原料がもたらす課題解決への挑戦や、ハンドクラフトの技術に対する敬意ということに、ともに関心を持ち続けていました。これがVAJA Finlandの始まりとなるとは...当時の二人はまだ気づくこともなく。

その後、二人はアラビア(フィスカース社)を退職し、ヘルシンキから東へ約100 kmにある海沿いの小さな町、ロヴィーサに移り住みます。海と近くに森があるこの牧歌的な町は、彼らに多くのインスピレーションを与えてくれました。そこで、セラミックモデルメーカーとデザイナーの専門知識を組み合わせると、どんなものが生み出されるかを試してみることにしました。大きな庭の小屋を改修し、そこで製品計画、開発、生産を開始したのです。

そして2011年、彼らはフィンランド第2の古都、ポルヴォーでVAJA Finlandを設立します。VAJAとはフィンランド語で小屋を意味します。それまで製作をしていた自宅庭の小屋がVAJA Finlandの始まりという意味を込めて、ロゴにも小屋をイメージした線描が施されています。

ポルヴォーはハンドクラフトの伝統を継承する地域としても知られていて、彼らがこの地を選んだことには縁のようなものが感じられます。

 

~フィンランドで生まれ、フィンランドで作るデザイン~

VAJA Finlandの目指すところは、フィンランドでのもの作りを次々へと海外に移行していくメーカーが増え続ける中、自国において、何世代でも使い続けられる使い心地の良いテーブルウェアを作ることです。

厳選された原材料を使用したガラス質磁器は、現代のライフスタイルに適し耐久性に優れ、食洗機、オーブン、電子レンジにも対応しています。また、人の手によってなされる工程を持つ製品も、フィンランド・デザインの継承として大切にしています。

また、それらを美しくシンプルなフォルムや、グラフィカルあるいは装飾的なパターンが広がるデザインとすみやかに融合できるのがVAJA Finlandの強みです。工場では常に生産チームとデザイナーの双方が密接に連携し、最高の品質レベルを保証します。

さらに、日々新しいもの作りに挑戦することにも余念がありません。それもまた、工場内に製品開発、生産、そしてデザインと、全てのチームが集まっていることで可能となりうるのです。

 

大きな情熱、フィンランドの品質、機能的なデザインで作られたテーブルウェアは、VAJA Finlandコレクションの礎です。フィンランドの自社工場で高品質の製品を生産するという揺るがない信念で、VAJA Finlandは倫理的な製品の生産を確立していきます。

 

<第一弾 マグカップ 商品詳細>

VAJA FIinland
マグカップ 0.4L Sirkus(サーカス)
ブルー、レッド/グリーン、ブラックの3色展開
各3,850円(税込)
11月2日(土)発売

 


 

■店舗情報

スキャンデックス 松屋銀座
住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座7F
TEL:03-3567-1211(大代表)
営業時間:10:00~20:00

スキャンデックス 大丸札幌
住所:〒060-0005 北海道札幌市中央区北五条西4-7 大丸札幌店7F
TEL:011-211-1603
営業時間:10:00~20:00

スキャンデックスオンラインストア

一覧に戻る