STELTONのご紹介

BRAND STORY / DESIGNERSブランドストーリー/デザイナーズ

1960年、友人であったStellanとCartonがそれぞれの名前を取り「Stelton」として貿易会社を設立したのが始まりです。コペンハーゲンの北西に位置するファーバイレにある小さな工場Danish Stainlessと契約を結び、まず、最初にソースポットを販売したところ、デンマーク内外で大変な人気を博しました。
アルネ・ヤコブセンが手掛けた「シリンダ・ライン」で一躍世界にその名を広め、1977年には、エリック・マグヌッセンによる「バキュームジャグ」は北欧を代表する普遍的なアイコンとなりました。各国で高い評価を受けたデザイン製品はNY近代美術館をはじめ、世界中の美術館や博物館にも収蔵されています。
近年では、若手デザイナーを積極的に起用し、現代の生活に合わせた新しい製品を発表するなど、進化し続けています。

DESIGNERSデザイナーズ

Erik Magnussen エリック・マグヌッセン
(1940-2014)

1940年にコペンハーゲンで生まれ。 デザイン学校で陶芸を学び、1960年に銀賞を受賞して卒業。長年にわたりビングオーグレンダール社のデザインを手掛け、最近では幅広い分野における企業の製品をデザイン。フリッツ・ハンセンの家具、フランツ・シュナイダー・ブラーケル社のドアノブ、ロイヤルセランゴール社の錫製卓上用品、リクト+フォーム社の磁器ランプ、ポンスティアニ社の家具等がある。
1997年にはノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター主催の「デザイン・イノベーション1997」コンペで、レッド・ドット賞を受賞するとともに、日本産業デザイン振興会からグッド・デザイン金賞を受賞。このような彼のデザインした製品は世界の多くの美術館に収蔵されています。

商品シリーズ

  • EM77

Francis Cayouette フランシス・ケイオーウェット
(1969- )

カナダ出身のフランシス・ケイオーウェットは、モントリオールとパリで教育を受け、1999年よりコペンハーゲンでUNIT 10 DESIGNを運営。北欧と国際的な企業と協力して、製品開発と技術革新に取り組む。
彼のデザインは、日常生活への強力な共感と、デザインの産業的および機能的な側面を感じられるのが特徴。フランシスは家庭用アクセサリーからスマートな収納用品、エレガントなライフスタイル製品まで、様々な製品をデザインしている。

商品シリーズ

  • Theo

Holmback Nordentaft
ホルムバック ノーデントフト
(セバスチャン・ホルムバック 1971-
ウルリック・ノーデントフト 1974- )

二人はデンマークのデザイン学校で学び、卒業から10年の時を経て、ホルムバック・ノーデントフトスタジオを立ち上げた。二人の共通分野であり、作品の基礎にあるのが美学である。インテリアデザイン、家具、照明、工業デザイン、製品デザインなど幅広い分野で活動。

商品シリーズ

  • Emma
  • Pure Black

Daniel Debiasi & Federico Sandri
ダニエル・デビアージ &
フェデリコ・サンドリ

ダニエル・デビアージとフェデリコ・サンドリは2010年にイタリアを拠点とするデザインスタジオを設立。彼らは製品から空間まで、様々なデザインの分野で活躍している。

商品シリーズ

  • Collar

Soren Refsgaard ソーレン・レフスガード
(1977- )

2003年、デンマークのホヨにあるデザイン学校を卒業後、コペンハーゲンに自身のデザインスタジオを設立。 デンマークの伝統的なデザインに深く影響された彼の作品は、主に照明、家具、家庭用品を得意としている。

商品シリーズ

  • Scoop